お大黒さん

 大黒天は梵音は摩訶迦羅といい、インドのシヴァ神の化身であると言われており、大黒はその

訳語、大古久、大去垢等と書かれ、元来は戦闘神、また貿易の神である。また堂舎や食厨の神、

富貴・爵録の神として尊崇され、西方の諸大寺の食厨、倉庫の柱や門前に祀られていることを『

南海寄帰伝』は記している.

 その形相は色は黒また青黒、体相は一面二臂、一面八臂、三面六臂で忿怒相か、または普通の

顔、丈は二尺乃至五尺、持物は髑髏を指した杖、刀、戟、人頭、羊牝、象皮、異獣(以上は六臂

・八臂)をもち、大袋・金嚢いずれかを左右に、右手は挙に握って右腰につけている(以上二臂

)。

 更に『大黒天神法』は「自分を伽藍に安置し日々に敬供すれば千人の衆僧を養い、また我を供

養する者には世間の富貴、乃至官位爵禄を与えよう。我か身体は五尺もしくは二尺に作し、膚色

は黒色、袴をつけ駈寨を垂れず、狩衣をつけ、衣は袖を細くする。右手は拳となして右腰に、左

手に大袋をもたせ肩からかけてその垂れは臀の上に余り、色は鼠色にする」とある。

 こうした種々の形相の大黒天は一般に知られている俵の上の福徳円満、微笑した形とははるか

に異なっている。この点、徳川時代初期のころの学匠日満もその著『録内啓蒙』に「大黒の形像

は世間流布する所とは違」っていると記している。しかし少なくとも鎌倉中期以前の大黒天像は

俵も福相、笑顔もなく、むしろ憤怒・峻厳の相好が多い。

 大黒天が一般に流布している俵の上の福相となるのは、鎌倉期の末から室町期にかけてその先

駆があらわれはじめ、室町期に入り大国主命と結びつき、夷神と関連し一般に普及されるに従っ

て、左手に袋、右に小槌をもち、米俵の上に立ちあるいは座り、腰掛ける姿となり、顔貌は普通

から漸次笑顔に移ってくる。(宮崎)

前頁に戻る

 
 
 
inserted by FC2 system