わたしたちはどこから来て どこへ行くのでしょう。

生きるとはどういうことでしょう。

死とは何でしょう。

生きるとは、まず自分を信じること。

自分と愛する者を信じること。

それだけが確かなことで、他人の説や既成観念に縛られないこと

自分を見つめ、自分とは何か、知ること。

自分はどこから来て、何処へ行くのか。

自分が自分に目覚めて、自分を愛することから、始まるのではないか。

私たちは、仕事をなし終えて死ぬけれど、永遠の命の中につながれています。

それは、人間もすべての生き物も、あるいは非生物・物もみんな同じ。

生命・文化をつなげていくことで、大いなる゛いのち゛の中に生かされているのです。

ですから、個体としては見えなくなるけれど、それは、永遠の命の中に生きているのです


ひとひら





































もどる

inserted by FC2 system