圓光山 林 昌 寺
えんこうざん     り ん      しょう       じ

西条市氷見乙2039

開 基

   法性院日慧上人

 

由 来

当山は日蓮宗圓光山大乗院林昌寺と号し、本尊は日蓮大聖人が顕した十界互具大曼荼羅ご本尊(久遠實成本師釈迦牟尼佛)。
祭祀形態は一塔両尊四菩薩ながら両尊は宝冠を頂き菩薩の修行形態をとっています。

寛永年間、馬場某(裏手墓地には彦兵衛東圃の墓があるが・・・・・)が氷見土居に草庵「蓮生庵」を構えたのが始まりと伝わる。
後、讃州より法性院日慧上人を迎へ開基とし「蓮生寺」と号す。

伊予西条藩主一柳監物公、西条への赴任に際し、日慧上人を開基とし「妙昌寺」を建立、「蓮生寺」を今の地に移し「林昌寺」と寺号を改称し、一時妙昌寺・林昌寺両山を兼務す。一柳家菩提寺の一つであり、また西条藩の裏鬼門守護としての性格をも持つ寺院です。

年間行事は常楽会、盂蘭盆会、宗祖会式があり、そのほかは妙昌寺と合同で行っております
また、修法堂には福壽大黒尊天、最上位経王大菩薩(最上稲荷)、清正公さんを祭祀して居ております。 

 

            本 堂

            修法堂

п@0897-57-8155

所在地


 
戻る


 
inserted by FC2 system